本文へスキップ

地震の電磁気を観測して地震予知を目指す安全ネットです。


 1週間〜3日前に地震等危険情報を
 配信できます!  あなたの市にも
 観測点があれば正しい情報に!
 

 このリンク先に、何故?本当に地震予知ができるのか?を解説しました。
当研究会の小論解説集をご覧下さい。
もっと詳しく知りたい方はその2をご覧下さい。パーフェクト予知の技術は完成しました。全国への観測網敷設資金提供者(32万人の救いの神=数億円)を探しています。
ようこそ、地震・噴火の予知安全ネットへ
〜私達の「目標」と「理念」は〜

 地震予知はできると重ねて発表しています。しかし、K庁や地震計学者が主に使っている地震計での観測は、地震の微動が起きないと感知できないので、元々地震予知は無理なのです。
 ところが、電磁気を観測すれば震源域の変動が良く判ります。実は、地震が起きる前に、震源の地殻では、押し合いへし合いによって、電磁波や電磁気が多く発生しています。この前兆電磁気を地上で直ちに観測すれば、数日前に感知できるので、現地震計とは、次元の違う観測なのです。(高度な先端技術必要)
 実は、地震前に電磁波の異常証言がたくさん有り、私の実体験からも、23年間研究を続けています。今では全国的な電磁波観測網でのデータを解析し、新しい発見等を加えながら、メカニズムや予知理論が構築できています。
 そして、10年間の膨大な観測データに、解析した経験則を加味すれば、十分信頼できる、予測ができるようになったのです。
 実際に、淡路、長野、熊本地震等々、多くの予知実績があり、各種学会や講演会等で、次々と発表しています。
 電磁気観測法は、3日〜1週間前に「命を守る危険警報」を配信できます。
但し、正確な危険情報を得るには、皆さんの市や町にも電磁観測点を置く必要があります。
 全国に観測点を置けば「命の安全」を守り抜く事ができます。ところが、K庁や地震学者は動こうとしません。市民科学者に先を越されては面目が立たないのでしょうね?
 でも、「自分の命は自分で守る」のが基本です。あなたの協力があれば、あなたの家族と、あなたの地域を守れます。!
参考資料!
命を守るプロジェクト「DN&JYAN研」